映画『ちいさな英雄‐カニとタマゴと透明人間‐』
「カニーニとカニーノ」
メイキングセミナー

- Houdiniユーザー事例セミナー -

2018.11.23 fri. ワテラスコモンホール(東京 淡路町)

申込方法

開催概要

8月24日(金)公開のスタジオポノック映画作品『ちいさな英雄‐カニとタマゴと透明人間‐』より「カニーニとカニーノ」編のメイキングセミナーを開催します。

本作では川を表現するためにHoudiniが使用されています。
今回のセミナーでは手描きの背景美術と見事に融合させた川の作り方にフォーカスしご紹介いただきます。

ゲストは株式会社アニマにてFX アーティストとして活躍中の中村祐輔氏。

参加費無料ですので、ご興味のある方はお申し込みください。

開催情報
開催日時 2018年11月23日(金)*祝日
16:00~19:00(開場15:40)
会場 ワテラスコモンホール(アクセスはこちら
参加費 無料※事前登録制
*申込多数の場合は抽選
対象 Houdiniをお使いの方
これからHoudiniを使用したい方
Houdiniでの制作に興味のある方 など
主催 ボーンデジタル
協賛 SideFX
Generic placeholder image
映画に関して

8月24日(金)公開
スタジオポノック作品

Generic placeholder image
ゲスト

株式会社アニマ
中村氏

Generic placeholder image
セミナー内容

「カニーニとカニーノ」編
Houdiniを使用した川表現

Generic placeholder image
申込方法

必要事項を記載の上
お申し込みください

映画『ちいさな英雄』とは

新プロジェクト
「ポノック短編劇場」

第一回長編作品『メアリと魔女の花』が国内観客動員数266万人、全世界の公開が決定するなど、世界の映画シ一ンにおいて鮮烈なデビュ一を飾ったスタジオポノックから、この翼新たなプロジェクトが始まります。日本から世界へ駆ける短編アニメーション映画の祭典「ポノック短編劇場」です。

記念すべき第ー弾のテーマは「ちいさな英雄」。

超大作映画を手がけてきたアニメーション映画の旗手たちが、”現代のちいさな英雄”を描きます。
『メアリと魔女の花』の米林宏昌が自身初となるオリジナルストーリーで挑む、力二の兄弟の大冒険ファンタジー『カニーニとカ二—ノ』。
巨匠、高畑勲監督の右腕として活躍した鬼オ・百瀬義行による、母と少年の愛と感動の人問ドラマ『サムライエッグ』。
宮崎駿監督作品の中心を担った天才アニメーター・山下明彦力\見えない男の孤独な闘いをスペクタクルアクションで魅せる『透明人間』。

※公式サイトより引用

公式サイトへ(外部サイト)

ゲスト



中村 祐輔 氏
FX アーティスト/1988年/愛知県生まれ。

美容学校在籍中に映像表現の面白さに惹かれ、卒業後2度目の専門学校へ。
その後、都内CGプロダクションにてCMや展示映像、グラフィックなどを制作。
昨年、株式会社アニマにFXアーティストとして入社。
現在はHoudiniを用いたエフェクト作業を担当している。

アニマサイトへ(外部サイト)

 

セミナー内容

当日の講演内容です。

Generic placeholder image

コリジョンモデルの用意について

  • コリジョンモデルの重要性
  • 川の動きを表現する際の考え方
  • アニメ表現を実現するためのモデラーとのやりとり など

Generic placeholder image

タイプの違う川の表現

  • 段差と深さのある川を表現するための思考と方法
  • ループする川を作る
  • レイアウト合わせによる制限の中での表現方法 など

Generic placeholder image

ルックとセカンダリーについて

  • リファレンスから見た泡や飛沫の捉え方
  • 泡や飛沫のトライ&エラーの過程
  • 川らしさを表現するために行ったレンダリングのポイント など

申込方法



申し込みを締め切りました。
※本セミナーは申し込み多数のため抽選となりました。ご了承ください。
受講票は11月19日より順次配信予定です。
※先行申込の方の抽選はありません。