Adobe Creative Cloud 2014年版 リリース

Adobe Creative Cloud 2014年版 リリース本日最新のAdobe Creative Cloud 2014年版がリリースされました!

各アプリケーションが機能強化され、より使いやすいバージョンへを進化しています。

既にダウンロードセンターからダウンロードが可能になっているので、Creative Cloudユーザーの皆様はぜひお試しください。

>>ダウンロードセンターはこちら

※Creative Cloudをお使いの方は追加費用なしですぐにダウンロード可能です。
デスクトップのCreative Cloudアプリケーションからもダウンロードができるので、ご確認ください。
★注意★
アドミンコンソールにアクセスする方法が少し変わりました。
https://www.adobe.com/jpの右上↓からサインインしてください。
adobecc_signin_ss_w400

サインイン後に使用許諾に同意すると下記画面が表示されるので、管理者の方はグループ管理からアドミンコンソールへ移動できます。
adobecc_group_ss_w400
新バージョンのリリースに合わせWebもリニューアルされたので、使用される際はご注意ください。

 

新機能に関しては下記をご覧ください。

主要製品新機能

Photoshop Photoshop

  • スマートオブジェクトの強化
  • レイヤーカンプの改善
  • ぼかしギャラリーのモーション効果
  • 焦点領域
  • Typekitデスクトップフォント
  • フォントの検索とプレビュー
  • 3Dプリント機能を拡張
  • Mercury Graphics Engineのサポート強化

Illustrator Illustrator

  • ライブシェイプ:長方形と角丸の長方形
  • ペンツールのプレビュー
  • アンカーポイントの機能強化
  • ピクセル、ポイント、グリッドにスナップのアップデート
  • Windows GPU高速処理
  • 拡張されたTypekitフォントワークフロー

After Effects After Effects

  • キークリーナー、高度なスピルサプレッション
  • Premiere Pro用のLive Textテンプレート
  • 柔軟なマスキングオプションとPremiere Proとの交換
  • Kulerとの連携
  • Mercury Transmit
  • メディアブラウザーの強化
  • Typekitとの連携

Premiere Pro Premiere Pro

  • Live Textテンプレート
  • マスク&トラック
  • マスタークリップエフェクト
  • Mercury Playback Engineによる強化されたグラフィックス性能
  • 迅速な編集ワークフロー
  • 新しい配信フォーマット
  • Typekitとの連携

Flash Professiona Flash Professional

  • SVGの書き出し
  • 可変線幅のストローク
  • 可変線幅のストロークのトゥイーン
  • 新しくなったモーションエディター
  • アニメーションのためのWebGL
  • オブジェクトレベルで取り消し

Dreamweaver Dreamweaver

  • エレメントクイックビュー
  • ライブビュープロパティインスペクター
  • ライブでの挿入
  • CSSデザイナーの改善

Muse Muse

  • 64-bit対応で再構築
  • ブラウザー上で素早く編集
  • Creative Cloudのアドオン
  • HiDPI表示のサポート
  • カスタマイズできる作業エリア
  • アプリケーション内プレビュー

InDesign InDesign

  • シンプルな表
  • 固定レイアウトEPUB
  • シームレスなアップデート
  • カラーグループ
  • エフェクトの拡大・縮小
  • HiDPI

>>新機能詳細はこちら(Adobe Webサイト)

*Acrobat、Lightroomの新バージョンは出ていません。

>>導入方法やAdobe Creative Cloud グループ版の概要はこちら