Illustrator/InDesignの2018年3月アップデートが提供開始

Illustrator、InDesignなどの最新アップデートが提供開始されました。

Creative Cloudのデスクトップツールからアップデートを適用してください。

主な新機能がAdobe社のブログに掲載されておりましたので、ご紹介いたします。

引用元:Adobe Creative Station
Illustrator CC / InDesign CC 2018年3月アップデートを提供
https://blogs.adobe.com/creativestation/dtp-ai22_1-id13_1-update

 

Illustrator CC (22.1)

 

アンカーポイント/ハンドル/バウンディングボックスの表示サイズ

Illustrator で、アンカーポイント、ハンドル、バウンディングボックスのサイズを調整できるようになりました。高解像度ディスプレイの操作または複雑なアートワークの作成時に、サイズを大きくして見やすくできるため、管理しやすくなります。

 

複数ページのPDFを一括インポート

今までは1ページずつ読み込まなければいけなかったPDFデータをまとめて読み込めるようになりました。個人的にはとても助かる機能です!

”すべて”が登場!

まとめて読み込まれました!

 

CSVファイルからデータ駆動型グラフィックを生成

変数パネルで、CSV データソースファイルを読み込んで、デザインのデータ駆動型のバリエーションを作成できるようになりました。

 

 

InDesign CC (13.1) / InCopy CC (13.1)

 

InDesign:PhotoshopおよびIllustratorのキーボードショートカットに対応

InDesign で Photoshop や Illustrator のショートカットキーを使用できるようになりました。

 

新規ドキュメント設定にスマートフォンおよびタブレットデバイスの最新機種を追加

新規ドキュメントダイアログに、モバイル用とタブレット用の新しいプリセットが追加されました。iPhone X、iPhone 8、Google Pixel を始めとするモバイル用プリセットを使用できるようになりました。

 

「Publish Online」で公開したオンラインドキュメントのアクセス解析強化

各 Publish Online ドキュメントの閲覧時間、平均閲覧時間、ユーザー表示のデバイスの分割などの解析結果を追跡できるようになりました。

 

ドキュメントのページを個別のPDFとしてエクスポート

InDesign ドキュメントを PDF として書き出す際に、ページまたはスプレッドごとに個別の PDF を作成できるようになりました。Adobe PDF として書き出す際に、個別の PDF ファイルを作成を選択します。

詳しくは、ダイナミック PDF ドキュメントを参照してください。

 

複数段落の囲み罫

段落の囲み罫機能を使用して、複数の段落を囲む囲み罫を作成できるようになりました。段落の囲み罫プロパティと背景色プロパティが同じである場合、段落の囲み罫を作成する際に「連続する囲み罫と背景色を同じ設定で結合」オプションを選択して、連続する 2 つの段落の囲み罫を結合します。

 

その他のアップデート

 

下記のリリースノートをご確認ください。