Adobe Creative Cloud映像ツールアップデート

絶賛開催中のNAB SHOW 2017に先駆け、映像ツールがアップデートされました!
詳細はAdobe Creative Stationにて掲載されていますので、ご一読ください。

ここでは簡単にトピックスをご紹介いたします。
【アップデートの特長】

  • エッセンシャルグラフィックスパネル/エッセンシャルサウンドパネルによりPremiere Proから別画面に移動することなく編集ワークフローが可能に。
  • Premiere ProとAfter Effectsに組み込まれたチームプロジェクト(ベータ版)によりチーム内の制作環境が飛躍的に向上。共有のプロジェクトを開くことでどこからでも共同作業が可能に。
  • Premiere Pro、After EffectsおよびAdobe Auditionとの連携が強化。VR、HDR、UHDなどの幅広いネイティブおよびプロキシフォーマットをサポート。さらにAdobe Stockとの連携も強化。

【アップデートされた機能】

  • モーショングラフィックステンプレート:After Effectsで提供されていた機能がPremiere Proで使えるようになりました。
  • エッセンシャルサウンドパネル:Premiere ProおよびAuditionに搭載。
  • カメラシェイクブラー:After Effectsに搭載。カメラの揺れにより生じていたブレを軽減。
  • Character Animator(ベータ版):PhotoshopやIllustratorで作成された複数のパペットをアニメーション化することが可能に。
  • チームプロジェクト(ベータ版):グループ版とエンタープライズ版のメンバーのみ使用可能。クラウドでの共同作業が可能になり、シーケンスとコンポジションをリアルタイムで安全に共有できます。
  • サードパーティ連携:Premiere ProがApple MacBook ProのTouch Barに対応。Microsoft Surface Dial機能として、タイムラインや、ホットフロートとテキスト値の変更時のシャトルコントロールに対応しました。

 

>>アップデートの詳細はこちら(Adobe Creative Station)

 

>>Adobe Creative Cloud グループ版に関するお問い合わせはこちら