After Effects レンダリングサービス トライアル受付中

After Effects rendering service trial2月下旬よりAdobe After Effects チームとGoogle Zyncチームが行っているトライアル参加者の受付を開始しました。

クラウドレンダリングサービスであるZyncを使用したAfter Effectsでのレンダリングをテストしたい方はぜひご参加ください。
※フィードバックの必要あり。

 

 

 

<Zync Renderを使用する方法>

  1. こちらのサイトからZync Render エクステンションを含んだAfter Effects CC 2016のプレリリース版をダウンロードします。
  2. Google Cloud Platform projectを作成します。
  3. Zync account を作成します。
  4. Zync クライアントアプリケーションをインストールします(Mac OS / Windows)。

以上でセットアップ完了です。

ZyncでAfter Effectsを使用する方法に関してはこちらのビデオをご覧ください(英語)。

 

また、Zyncではサードパーティー製のプラグインもサポートしています。

  • Trapcode Suite(バージョン13)
  • Sapphire(9)
  • Knoll Light Factory(3)
  • Knoll UnMult (Legacy free version)(1.1)
  • Optical Flares(1)
  • Lenscare(1.47)

など多数。
ただしGPUレンダリングはまだサポートしていません。

各サードパーティー製品の注意事項やプレリリース版のAfter Effects CC 2016のダウンロードは下記サイトをご覧ください。

▼After Effects rendering service trial

https://www.adobeprerelease.com/beta/1EE4AA0F-B5A9-4C58-F5CA-7C985C995E6F

※Adobe IDでログインしてください。