Animate CC(旧Flash Professional) リリース

an_appicon_192

 

ついにFlash Professional が Animate CC に生まれ変わりました!

ただの名称変更ではなく、アニメーション機能が大幅に強化されたようです。

 

 

 

下記が新しいスプラッシュ画面です。

animate_cc_ss

起動するとCCライブラリーも実装されているのがわかると思います。

animate_cc_ss_2

※Animate CC(旧Flash Professionalは私が使用できないので起動画面まで)

 

<新機能一例>*Adobe Creative Station記事より抜粋

  • Typekit の HTML5 Canvas ドキュメントとの統合
    HTML5 Canvasドキュメントでダイナミックテキストを選択した際、TypekitのWebフォントを利用できるようになりました。
  • スプライトシート用のパブリッシュ設定
    素早い読み込みが必要な広告向けに、またはより高い解像度を必要とする Web サイト向けに、ドキュメント内のベクター画像をPNGやJPEGなどによるスプライトシートとして書き出せるようになりました。もちろん、画質指定も可能です。
  • HTML5 Canvas テンプレートのサポート
    任意のコードエディターでカスタマイズができるHTML5 Canvas テンプレートをサポート 。たとえば DoubleClick や AOL トラッキングのスクリプトが追加できます。

 

>>Adobe Creative Station記事はこちら

>>Animate CC新機能詳細はこちら