Adobe Fuseで簡単3Dキャラクター作成&アニメーション

(3)Mayaでアニメーションを読み込んでみる(注意事項あり)

 

FBXで書き出したキャラクターをMayaで開いてみます。
私はMayaが使用できないので、他のスタッフにお願いして開いてもらいました。

 

  1. Mayaにアニメーションの付いたキャラクターを読み込みます。
    このような感じです。服のしわが反映されていません。
    スペース
    maya-fbx01
    スペース
    読み込んだ状態ではBump Depthが”0.0”に設定されてしまいます。
    スペース
    maya-fbx02
    スペース
    Bump Depthを”1.0”に変更します。
    無事にしわが出ました。
    スペース
    maya-fbx03
    スペース
    こんな感じです。
    スペ

    maya-fbx04
    スペース
  2. このようにリグも入っています。
    スペース
    maya-fbx06アニメーションもちゃんと読み込まれているのがわかるかと思います。
    スペース
    maya-fbx07今回はMayaで試しましたが、FBXに対応していれば他の3Dソフトウェアでも読み込むことが可能です。
    さらにUnityやUnreal Engineでも読み込めるようなので、ぜひお試しください!>>Mayaでの補足(borndigitalブログ)

 

>>Adobe Fuse CCはこちら(Adobe Webサイト)