2015年10月1日以降の消費税に関するお知らせ(アドビストア)

所得税法等の一部を改正する法律(平成27年法律第9号)等により、消費税法等の一部が改正され、国境を越えて行なわれるデジタルコンテンツの配信等の提供に係る消費税の課税関係の見直しが行なわれました。

アドビストアの役務提供を行っている Adobe Systems Software Ireland Ltd.の所在地は、アイルランドですので、これまで国外取引とされ、ソフトウェアのダウンロード等は不課税とされていましたが、2015年10 月 1 日以降、役務提供を受ける者、すなわちお客様の住所地が日本国内の場合、国内取引となり、製品/サービスの価格に消費税を付加して請求することになります。

なお、経過措置として、国外事業者(Adobe Systems Software Ireland Ltd.)が、2015 年 3 月 31 日までに 締結した電気通信利用役務の提供で、2015 年 10 月 1 日前から同日以後 に引き続き行う電気通信利用役務の提供については、改正前の消費税法が適用されます。ただし、契約内容等の変更が行われた場合や、月ごとに契約を更新しているものと認められるものは経過措置の対象外です。

以下に、10 月 1 日以降、アドビストアにてご契約いただいている製品/サービスについての消費税課税対象となるかをご確認ください。

たとえば、2015年4月1日以降に契約開始した場合かつクレジットカードでの月々払いを選択している方は、2015年10月1日以降の請求分から消費税を賦課されます。

>>詳細はこちらをご覧ください(Adobe Webサイト)