専門学校生・大学生のみなさま

Adobe Creative Cloud3DCGを始めよう!

高等教育機関限定!Adobe Creative Cloud契約があれば追加費用無しSubstance 3Dを使用可能!

Substance 3Dとは

なぜ今、3Dなのか?

さあ、Substance 3Dをはじめよう

Adobe Creative Cloud契約があれば
追加費用無しでSubstance 3Dを使用可能!

Substance 3D製品を使用できる対象製品 ※すべて高等教育機関向けです

インストール前に使用PCのスペックをご確認ください!

Substance 3D製品を使用するにはPCのスペックも重要です。
快適に制作に没頭するために下記を参照にPCをご用意ください(Substance 3D Painter)。
OS 最小 推奨 最適
Windows OS: Windows 10 (64bit, version 1909)
CPU:Intel Core i3
AMD Ryzen 3

GPU:Nvidia Geforce GTX 1060
Nvidia Quadro M2000
AMD Radeon RX 580

VRAM: 4GB
RAM: 8GB
ハードドライブ: 20 GB HDD
OS: Windows 10 (64bit)
CPU:Intel Core i7
AMD Ryzen 7

GPU:Nvidia Geforce GTX 2080
Nvidia Quadro RTX 4000
AMD Radeon RX 6700 XT

VRAM: 8GB
RAM: 16GB
ハードドライブ: 30 GB SSD
OS: Windows 10 (64bit)
CPU:Intel Core i9
AMD Ryzen 9

GPU:Nvidia Geforce RTX 3080
Nvidia Quadro RTX 6000
AMD Radeon RX 6800 XT

VRAM: 16GB
RAM: 32GB
ハードドライブ: 50 GB SSD
Mac OS モデル: MacBook Pro 2019
OS: Mac OS 10.14 (Mojave)
CPU:Intel Core i7

GPU:MD Radeon Pro 5300M

RAM: 8GB
ハードドライブ: 10 GB HDD
モデル:MacBook Pro 2020
iMac Pro 2020

OS: Mac OS 11 (Big Sur)
CPU:Intel Core i9

GPU:AMD Radeon Pro 5600M
AMD Radeon Pro Vega 56

RAM: 16GB
ハードドライブ: 25 GB SSD
モデル: Mac Pro
OS: Mac OS 11 (Big Sur)
CPU:Intel Xeon W9

GPU:AMD Radeon Pro W5700X

RAM: 32GB
ハードドライブ: 50 GB SSD

CGWORLDオススメPC

Substance 3D Painterは4K・8Kに及ぶ高解像度のテクスチャーデータを3Dモデルに「ベイク(焼き付ける)」する作業を行いますが、GPU性能が高ければ高いほどスムーズに処理を行うことができます。GPU性能は、最新のNVIDIA RTX 3000番台のうち、3060ti以上のスペックを選んでおけば快適です。
マウスコンピューターDAIV Z7-3060Ti,8コア16スレッドのCPU「Core i7」とミドルエンドGPUのRTX3060Tiを搭載。ストレージもSSD+HDDのデュアル構造に強化。スペックとコストのバランスが最も優れたモデルとなる。大概の3DCGツール・映像ツールの使用には問題のないスペック。どの業界でもジュニアクラスの作業内容であれば、滞らないスペック。

Adobe製品のお問合せ・ご購入

Adobe製品を熟知した専門のスタッフがお答えします。
ご購入前、ご購入後に関わらずお気軽にお問い合わせください。

上向き矢印アイコン